製品開発革新の実施支援、開発現場でイノベーションを起こす実行支援、事業創出、事業価値向上の実施支援をいたします。



既存事業の営業強化では限界?!

将来に向けて事業を大きくしたい!!

 

既存技術を生かして儲かる事業を生み出す7ステップ


企業の成長は、社員の成長から

企業の力は、「人」の力。

「持続的イノベーション」から「破壊的イノベーション」が求められる時代。「破壊的イノベーション」を開発現場から起こすことが出来る「人」を一人でも多く持つことが企業の価値向上に直結します。

フューチャーシップのサービスは、

  • 社員の「喜び」と「成長」にフォーカスし、
  • 事業の本質を考えた「儲かり戦略」策定を支援し、
  • ムダを徹底的に排除した短期開発で収益を大幅に向上させます。

最後までいっしょに実行し、成功を勝ち取ることをモットーとします。

 

企業の「本質」を変えたいトップと現場をフルサポートします

製品を持続的に進歩させていれば、苦労せずに売り上げが拡大してきた日本企業の2,000年代。

製品開発のサイクルを早め、開発の効率を追い求めて機能組織を強化し組織力で製品開発の大量生産を実施してきた日本企業。

製品が売れて一時代を作っては来たけど、、、個人力の低下で低迷する日本企業。

わかってはいても長い間続けてきた機能組織重視から、ひとつひとつの製品やひとりひとりの人の能力を重視する縦型組織に変えられない日本企業。

 

強い企業を作るのは、「事業」を理解できる強い「個」を作ることが最も有効な方法です。

 

開発革新7ステップ


ステップ1 思考プロセス

  • 何を変化させ、何に変化させるか?
  • 自社の強みを見つける20の質問とは?
  • 事業化プロセスで超えるべき3つの壁とは?

ステップ2 儲かり戦略

  • 儲かる、差別化、顧客視点のバランスこそ儲けの源泉
  • 一点集中、No.1を作りだす戦略とは?
  • 自社の価値を3秒で伝えるには?

ステップ3 問題の本質を捉える

  • 思考プロセスは社内のコミュニケーションツール
  • 問題の背景にある対立構造とは?
  • 論理の正当性

ステップ4 顧客の進化を先取り

  • 顧客の進化を先取りするジョブ理論とは?
  • マーケティングの進化
  • 顧客が言わないことを聞き取る

ステップ5 技術から事業

  • 事業の失敗事例からみる戦略思考
  • アナロジー思考によるアイデア発想とは?
  • ダイソン発明の裏にあるアナロジー思考

ステップ6 リーン製品開発 

  • トヨタの製品開発リーン開発を学ぶ
  • 知らないことを知るから始める手戻りなしの開発法とは?
  • 社内の知識を結集するA3報告書とA3マネージメント

ステップ7 継続的成長

  • 学習サイクル、知識再利用を定着させる
  • トヨタのチーフエンジニアから学ぶ本当の技術経営とは?
  • ”喜び”に満ちた会社を創る



※開発革新7ステップの概要を特別特典で無償提供しています。

 

サービス提供方法と費用について

※ここでは、あくまでも一般的なケースで、進め方や費用について記載しています。

1.戦略編(ステップ1、2)

  • 経営幹部の方一名以上を含む推進チームを作る。
  • 戦略立案についての理論、ツールを学ぶ。
  • ポジショニング、情報戦略案の仮説を立てる。
  • 技術、企画向けの教育プログラム、展開案を策定する。

2.社内展開編(ステップ3~6)

  • ステップ3~6の理論、手法を技術、企画を中心に全体で学ぶ。
  • 現状の社内プロセスを改善していく方法を合意する。
  • プロセスやルールを現場主導で決める。
  • 戦略案に則った新製品プロジェクトを立てる。

3.プロジェクト実行編

  • 設定したプロセスでプロジェクトを推進する。
  • PDCAサイクルを回して、必要に応じて戦略やプロセスを見直す。
  • 情報収集、情報発信のPDCAも回す。

4.ゴール到達と社内への定着

  • ゴールまで支援します。(ご希望次第)
  • 更なる成長、社内定着へのお手伝いもいたします。

5.コンサル費用について(参考価格)

貴社訪問での支援において、コンサルタント一人当たりの費用は、プロジェクトの内容、頻度などによっても変わりますが、一回半日とした場合(一日当たりの時間は応相談)、

15万円/半日(税、交通費別)~

となります。

尚、初回実施のサービス内容に満足いただけなかった場合は、初回分のみ全額返済(後払いであれば請求なし)させていただきます。

 

 

ご依頼までの流れ

※ここでは、ご依頼までの一般的な流れを記載しています。

1.メール、またはホームページの”お問い合わせ”にてご連絡

  • お気軽にご連絡ください。
  • メールアドレス:info@futureship.jp
  • 原則24時間以内にはご返信いたします。

2.実際にお会いしての無料相談

  • 貴社ご訪問の上、またはスカイプ等のビデオ会議にてお話しをお伺いします。
  • 現状の課題、お悩み等をお聞かせください。
  • 尚、関東圏から遠方の場合は、交通費のご負担についてご相談させてください。

3.見積もりのご提示

  • 無料相談後、ご要望に応じて、弊社からお見積書を作成させていただきます。

4.ご契約

  • お見積りの内容でご承諾いただけましたら、ご契約を締結させていただきます。
  • 契約書などへの捺印、サインなどを行っていただきます。

 

 

 


PAGETOP
Copyright © フューチャーシップ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.