顧客の多様性が進み...

製品単体では差別化が困難になり...

これまで以上に顧客との関係性が求められる中

マーケティング脳力は、マーケッターだけのものでなく、

技術者、製品開発者にも求められるようになっています。

概要:

技術者が技術を伸ばすことは重要なことですが、技術を伸ばすための仕事の先に顧客の本当の喜びがあることがやりがいを最大限にし、技術者自身を大きく伸ばすことになります。技術者として顧客価値をどのような理解し、それを開発に結び付けていくか、最近注目されているジョブ理論を解説しながら、演習を交えて身につけていただきます。

次回開催のご案内

日 時 : 2019年11月6日(水)
.      13:00-17:00

参加費 : 38,000円(税別)

講 師 : 賀門宏一

場 所 : 新横浜ホール

内 容 :

1.技術主導、プロダクトアウトの限界

  • 大量生産時代に生まれた偶然の成功者
  • 時間軸で孤立したイノベーション
  • マーケティング理論の変遷

2.製品軸から顧客軸に思考シフト

  • ジョブ理論(JTBD)の基礎
  • 間違った競合の考え方
  • <ワーク>競合の見損ない

3.顧客観察と質問力で真のニーズに迫る

  • 製品購入動機のしくみ
  • <ワーク>顧客・インタビュー
    ロールプレイで顧客の心の中にある潜在ニーズを聞き出す
  • デザイン思考・ストーリー思考で考える
  • 様々なジョブの形
  • <ワーク>ストーリーを書きだす

4.戦略的なイノベーションの起こし方

  • イノベーションのプロセス
  • ダーウィンの海こそ宝の山
  • エコシステムの拡張と継承
  • <ワーク>事業の価値向上

※セミナーの内容は予告なく変更することがあります。